Chromecast やタッチスクリーンに対応しました!!!

魅力的な新機能が SMPlayer には続々追加されています。 このページではその概要を簡単にご説明します。


Chromecast への対応

Version 17.1 では Chromecast に試験的に対応しました。 お使いのコンピューターのローカルファイルから、TV チャンネルのようなオンラインストリーム、YouTube、Dailymotion、Vimeo、Vevo などのサイトからの動画などを、SMPlayer からお使いの Chromecast デバイスに送信できるようになりました。 詳細情報.

タブレット PC のタッチスクリーンに対応

SMPlayer に新しく 'タブレット モード' が追加されました。メニュー [オプション] からアクセスできます。 このオプションを有効にすると、SMPlayer を画面のタッチで簡単に操作できるようインターフェイスが変化します。

  • ウィンドウとフォントのサイズが大きくなります
  • 動画で垂直にスライドすると音量を変更し、水平にスライドすると動画をシークします
  • 全画面表示中にタップするとフローティングコントロールが表示されます
Windows 10 のアクション センターでタブレットモードに変更すると、SMPlayer はそれを検出し SMPlayer もタブレットモードにするか自動的に確認します。

外部画面に動画を送信

コンピューターに接続された第 2 画面へ動画を送信することができるようになりました。その間アプリケーションはコンピューターの画面で操作できます。

メニュー [ビデオ] に新しいオプション [画面へビデオを送信] があります。これはすべての接続中の画面のサブメニューです。

1 つの画面は '第 1 画面' と記されており、コンピューターの画面であることを意味します。 動画を別の画面へ送信すると、動画はその画面にフルスクリーンで表示されます。 SMPlayer のインターフェイスはコンピューターの画面に残り、動画が第 2 画面で再生されている間も動画に関する操作 (シーク、音量変更、字幕、プレイリスト、別の動画を開く、など) をすることができます。 動画を第 1 画面へ送ると、動画は再び SMPlayer のウィンドウに表示されます。

注意 この機能を使うにはデスクトップが '表示画面を拡張する' に設定されている必要があります。

高 DPI 画面に対応

以前は高 DPI 画面では SMPlayer がとても小さく表示されていました。 今ではインターフェイスの縮尺が自動的に調整されるようになっています。 [環境設定] -> [インターフェイス] -> [高 DPI] では倍率を手動で設定したりこの機能を無効にしたりすることもできます。

高 DPI 非対応

高 DPI 対応

グローバルショートカット

再生/一時停止、停止、音量+/-などのメディアキーをグローバルショートカットとして使用できるようになりました。 これによりメディアキーは SMPlayer がバックグラウンドにあるときも動作するようになります。 [環境設定] -> [キーボードとマウス] でこのオプションを有効にできます。

オンラインストリームでも設定を記憶

これにより、YouTube 動画などのオンラインストリームでも再生位置から再開したりブックマークを設定したりできるようになりました (シーク可能なストリームに限る)。


Version 17.3
  • Chromecast 用の字幕に試験的に対応しました。
  • [詳細情報]
  • バグ修正。
Version 17.2
  • YouTube 関連の修正。
  • プレイリストのディスクからファイルを削除するオプションが復活しました。ただし既定では無効になっています ([環境設定] -> [プレイリスト] -> [その他] で有効にできます)。
  • Linux で SMPlayer が Chromecast にファイルをサーブする際に使用する Web サーバーが変更され、パッケージに同梱されるようになりました。パッケージ webfs をインストールした場合は、SMPlayer はもう使用しないのでアンインストールしてもかまいません。
  • 新しい翻訳: Norwegian Bokmål.
Version 17.1
  • Chromecast での動画再生に試験的に対応しました。
  • m3u/m3u8 プレイリストの #EXTVLCOPT オプションに一部対応しました。これは VLC 用のプレイリストからオンラインストリームを再生するのに役立つかもしれません。
  • プレイリストのコンテキストメニューにオプション 'クリップボードへ URL をコピー'、'ソース フォルダーを開く'、'Chromecast で再生' が追加されました。
  • ステータスバーにビットレート情報を表示するオプションが追加されました。
  • ステータスバーにミリ秒単位で再生時間を表示できるようになりました。
  • 全画面時に黒枠を追加するオプションが復活しました ([環境設定] -> [全般] -> [ビデオ])。
  • プレイリストのディスクからファイルを削除するオプションが削除されました。
Version 16.11
  • [表示] -> [OSD] に新しいオプション 'OSD に情報を表示' が追加されました(Shift + I)。OSD に現在のメディアに関する情報 (解像度、ビットレート...) を表示します。
  • [詳細情報]
  • [環境設定] -> [プレイリスト] にプレイリストの挙動をより細かく制御できるオプションが追加され、プレイリストをブックマークに利用しやすくなりました。
  • バグ修正。
Version 16.9
  • オーディオの送信先デバイスを指定できるようになりました。音声を HDMI ケーブルや Bluetooth でテレビなどのデバイスに送信したいときに便利です。
  • [詳細情報]
  • プレイリストが改善されました。表示する列が指定できるようになりました (右クリックして選択)。また、検索欄が常に表示されるのではなく、検索ボタンをクリックして表示/非表示できるようになりました。この変更はプレイリストのウィンドウ幅が大きくなりすぎるのを防ぐためです。
  • Qt 5 でのバグや問題のため、Ubuntu 用パッケージは 再び既定で Qt 4 でビルドされるようになりました。
  • バグ修正。
Version 16.8
  • プレイリストが改善されました。
  • [詳細情報]
  • バグ修正。
Version 16.7
  • YouTube 関連の修正。
  • Qt 5 のためのバグ修正。
SMPlayer 16.6 のその他の変更点:
  • 新しいテーマ Masalla、Papirus、PapirusDark が追加されました。
  • 既定で Qt 5 でビルドされるようになりました。